首都圏と地方では全然違う!だから重要・保険相談

子供が生まれて数ヶ月経ちますが、そろそろ本格的に学資保険の加入を検討しようと考えています。
妊娠してからとにかく子供にかかる教育費を調べ続けていたんですが、公立か私立かで全く費用は変わってきますし、これも地域によって大きなばらつきがあるんですもんね!

雑誌などで見ていた「予算」なる額が、首都圏を基本とした算出であると知ってからは、一旦教育資金の見直しに手を付けなければなりませんでした。

うちは地方在住ですし、私立の幼稚園にやったからってそんなに高くつくわけじゃないし、小学生が受験何てしない地域だし…
かなり首都圏とは条件が違うんです。だから首都圏を基本とした予算算出では全く計画が立てられない。

そこで、保険相談員に実際にインタビューしたという記事を見たので、こちらでシェアしておきます。

▼保険相談のサイトはこちら(http://www.cbsofil.com/

これを読むと、親の終身保険を活用して学資保険と併用する、なんてワザも紹介されていたので、これだと大助かりですよ。

保険料ってけっこうバカになりませんからね。
要するに今検討したいのは、子供が独立するまでに必要な額をどう用意するかということ。

やはりこのサイトのように、一度はちゃんと相談をしに行った方が良いかも知れません。

女性保険の4つのタイプ

女性だから女性保険に入った方がいい、とは限らないものの、やっぱりどこか安心感がありますよね。

私はこれから新たに医療保険に入ろうと思っているんだけど、どうせなら女性保険の方がいいかなぁって思ってます。

で、ちょっと調べたら女性保険にも4つの種類があるんだってことがわかりました。

1.終身タイプ
2.積立タイプ
3.ボーナス給付タイプ
4.がん保険タイプ

女性保険の詳細はこちら⇒http://www.constantwonder.com/

「終身タイプ」っていうのは文字通りで、一生涯に渡る保障が確保できるものです。
高齢になるほど病院にかかる機会って増えるものだから、これは安心ですよね。
掛け捨ての安い保険に入れば、そんなに負担にもならないし。

「積立タイプ」は貯蓄性のあるもので、満期時に返戻金があるやつですね。

その姉妹品のような位置にあるのが「ボーナス給付タイプ」。
基本的には積立タイプの保険なんだけど、一定期間ごとのボーナス給付があるという点で、女性にはすごく人気が高いんです。

そして人気が高いと言えば「がん保険」、こちらも注目度が高いですね!
子宮がんや乳がんなどは、世間的な関心も集まりやすいですから、普段から気にかけている女性も多いことでしょう。

私は・・・そうですね、安くしっかり保障を得たいから、掛け捨ての終身タイプがいいかなって思っています。

子持ちのための生命保険の考え方

子供が成人するまでの間だけでも、多少多めに死亡保険金を自分にかけておきたいと思いまして、現在定期生命保険を検討しています。

定期生命保険とは(http://www.eum.jp/

今子供は10歳なので、ちょうど10年間の定期保険に入れば良いわけですね。
あまり経済的に余裕があるとは言えないので、できれば掛け捨てのがいいなと思っています。

何事もなく10年後を迎えれば、それまで払っていた保険料が無駄になる、なんて思う人もいるかも知れませんが、そもそも保険というもの自体が「何かあった時のための保障を買う」という、立派な買い物なのですから、無駄っていうことはないんですよね。

一方でちょっと困っているのが、子供のための教育資金なんです。

私はシングルマザーということもあり、なかなか経済的に余裕が生まれず、思うように貯蓄ができないのが悩みなのです。
学資保険に入ればいいじゃないか、という声も聞こえてきそうですが、別途保険に入るとなれば、その文の保険料がまた発生しますよね。
そうなると私もさすがに大変です。

そこでもう一つの選択肢として考えているのが、養老保険なんです。

契約期間を子供の成人までに設定しておけば、その間に万が一のことがあれば、私の死亡保険金が出ますし、何事もなく契約期間を終了した場合は、満期金がちゃんとかえってきます。

一石二鳥の特徴があるので、こちらも有力候補ですね。

病後の健康回復のためにノニジュースに注目しています

病気をして以来、どうしても基礎体力が落ちてしまった感が否めない私・・・
運動をして体を鍛えなさい、とはよく言われるんですが、その運動すら続かないので困るんですよね。

何ていうんでしょうか、気力がわかないというのか。
悪く言えばやる気がない、危機感がないということにもなるのでしょうけど、そういうんじゃないんです。

日常的な活動や身だしなみを整えたりといったこと自体、やるのがとても大変なんです。
だから自ら進んで運動をする、なんていうことは、私にとって意外と大きな作業なんですね。

そこで注目しているのが健康食品なんです。
例えばノニジュースというのがありますね。
南国で古くから使われてきたハーブだそうですが。

▼ノニジュースとは⇒http://www.nonigenki.com/

ネット上でいろいろ情報を検索してみると、いろいろな人が「あれは独特の味がして飲みにくい」とか「特定の症状に効くわけではない」とか話しているけど、それって健康食品なんだったら、ある意味当たり前じゃないかな・・・とも思っています。

なので私個人としてはあまり抵抗がなくて、むしろ関心を持っているくらいなんですね。

取りあえず試してみたいので、一本だけ取り寄せてみようかな。
良かったら続けてみます。

「遊びの延長」であることが幼児英語教材をうまく使うコツ

小さな子供が生まれ、それが2~3歳くらいになってくると、だんだんお母さんたちも『幼児教育』というものに目覚めてきます。

子供の吸収力っていうのは本当に驚くべきものがあるので、とにかく何でも早いうちから触れさせたい!と、親としてはどうしても考えてしまうんですよね。

ピアノだとか、バレエだとか、スポーツだとか…
それと同様に幼児英語も大変人気がありますね。

英語というジャンルは、年齢も時代も問わず常に一定の人気がある分野ですし、それでも日本人は未だに英語を想うように扱えない人の方が多いから、なおさら英語への憧れって大きくなるんですよ。

それで、子供のうちから英語に触れさせておけば、うちの子がバイリンガルになる可能性も出てくる!と期待して、子供に英語をやらせようって考える親御さん、多いですよ。

幼児の英会話教材

とにかくいろいろな英語教材があるんですが、ポイントは「子供が楽しいと感じなければただの強制でしかない」ということでしょうか。

結局幼い子供ですから、遊びの延長にたまたま英語があった、という状態でなければ自然と身に付くってことはないんです。
無理強いすると、逆に英語に対して嫌悪感を抱くでしょうしね。

この辺は、親御さんの取り組み姿勢も問われるところですよ。
あくまでも「英語は楽しいもの」、そういうスタンスでやることです。

自信がないならネット通販でメンズファッションをチェック!

私の彼は20代前半なのですが、基本的におしゃれに敏感な方だとは言えないかな。
決してだらしないわけではなく、似合わない服を着ているわけでもなく、まあ言ってみれば『無難』な格好をする人なんです。

最初の頃はその辺もスルーしていたんですが、付き合いが長くなるにつれて何となくその辺のことを聞いてみると、実は彼は、あまりメンズファッションに自信がある方じゃなかったんだとか。

本当は、20代のメンズファッション(http://1osyare.com/)をもっと知りたいし、もっとオシャレもしてみたいって言っていました。
でもどういうファッションジャンルがあるかわからないし、どこでどういう服を買ったらいいかもわからない、第一自分に合っているかどうかも・・・と悩んでいたんだそうです。

そこで一緒にショップに出かけたりしたんですが、どうも彼の中でのファッションイメージが曖昧なままで、コレ!っていう買い物ができなかったり・・・

じゃあネットを見ようって提案したんですよね。
ネット通販であれば誰に気兼ねすることもないし、気になるファッションをじっくり自分ペースで選べますから。
これには彼も喜んでました!

大人なりのメンズファッションセンスを身に付けよう

10代の頃なら、男性も思い思いのファッションをして楽しめたでしょうけど、年齢を重ねるにつれてそうもいかなくなってきますよね。

男性だってオシャレを楽しみたい気持ちは同じであるはずだけど、やっぱり女性とは違うんですよね。
女性なら、職場でも多少のオシャレは許されるところがありますが、男性の場合は基本的にスーツが職場用の制服みたいなもの。

どうもオシャレ戦略の幅が限られてしまう気がしますが、それでも、シャツやタイなどで十分自己表現をすることは可能!

例えばこういったメンズファッション情報(http://www.wa-zakka.com/)を見て、自分のコーディネートの参考にしてみては?

20代、30代と年齢を重ねるにつれて、どうしても「外で誰に会っても大丈夫なように」と、無難な格好をするようになっていくものです。

でもそれじゃあパッとしないオトコになっちゃいますよ!
いくつになってもオシャレで攻めることができるセンスを身に付けましょう!

引越し 単身パックをひとつの引越業者より。。

引越し 単身パックをひとつの引越業者より複数の引越業者で検証することにしましょう。

単身引越しと言いましても人によって荷物の量も違いますし、引越しをする距離も違ってくるからです。

引越業者によっては、引越しをする人の条件でかなり料金が違うことがあります。

たとえば、荷物の多い方ですと引越し 単身パックの適用ができず、通常の引越しプランとなる場合があります。

また単身引越しを行う時期などの条件も個人で違いますので、なるべく自分の条件に合わせて複数の引越業者からの見積もりを計画をしていくことが大切ではないでしょうか。

そのためには、自分の単身引越しの荷物の量を検証するところから始めてみましょう。

具体的に、段ボールで何箱くらいになりそうかを検証してみます。

ダンボールの大きさもあるのですが、同じ大きさの箱のサイズを基準にしておけばどこの引越業者に相談をするのでも簡単に荷物の量が判断できます。

引越し 単身パックを使うことを最初っから想定しているのでしたらもっと詳細に荷物の量を検証しましょう。

なぜならば、複数の引越業者では「引越し 単身パック」の大きさの制限があったり、距離に対しても制限がある場合があるからです。

少しでも制限の範囲をはみ出すと「引越し 単身パック」の扱いにならず他の引越しプランとなります。

また「引越し 単身パック」では、遠方の引越しの方のために混載便として引越し料金を少しでも安くしようと努力している引越業者もあります。

ですから、単身の引越しを複数の引越業者から選ぶようにしてみると良いでしょう。

単身引越し格安の引越し費用での。。

単身引越し格安の引越し費用での引越し方法を考えることは大切です。

単身の引越しでは安い引越し方法はいくつかありますが、それが自分の単身引越しに合う方法かを検証することは大切です。

たとえば、単身引越しでは、荷物が少なく距離が近い場合に便利なレンタカー、赤帽便があります。

このプランですとちょっとの荷物で手軽に引越しをしたい方に最適です。

そして引越業者の単身パックがあります。

引越業者の単身パックでは、最近料金が安くなってきていますので、荷物が少なくても気軽に料金見積もりを取って比較しても良いかもしません。

引越しの見積もりですが、インターネットを使う「無料一括引越業者見積もり」からですと複数の引越業者の見積もりが一辺にとることができます。

複数の引越業者見積もりからは引越し料金の比較ができるばかりではなく、引越業者同士での料金の競合にも見積もり金額を使うことができますのでしっかりと自分の引越しの荷物の量を確認しながらおこなってください。

一人暮らし引越しでの相場を検証するために。。

一人暮らし引越しでの相場を検証するために複数の引越業者からの見積もりをチェックしましょう。

たとえば引越業者によってはいろいろな一人暮らし引越しをのプランを用意してる場合もあります。

なるべくこの格安一人暮らし引越しのプランに沿って引越しの計画をたてばかなり格安

また引越業者の料金を比較するのに大切なことは、同じ荷物の量で複数の引越業者を比較することです。

一人暮らし引越しでは、人によっては荷物が多く距離が近い引越しだったり、荷物が少なく距離がある引越しだったりするからです。

つまり人によって一人暮らし 引越しの内容は違ってきますので、自分の引越しではどの引越業者が1番良いかを検証しておくことが大切です。

自分の荷物の検証では、引越業者の見積もり表にある形と同じようにしてください。

たとえば、ダンボールが何箱、小さめのテーブルがひとつ、3段の本棚がひとつ、ラジカセひとつ、パソコン1台、小型テレビ1台のようになるべく具体的にしておきましょう。

これですと、複数の引越業者で比較するのでもわかりやすいので、比較したときに引越し料金の違いがすぐに計算することができます。

一人暮らし引越しだからこそ引越し料金にこだわる必要があります。

なぜかといいますと、同じ一人暮らし 引越しでも人によって引越しの条件がかなり違うからです。

そんな条件の違いを引越しコストでしっかり考えてもらえる引越業者とお付き合いすることにしましょう。